2008年12月

平成20年度 信州大学SVBL 成果報告会

日時: 2008年12月24日(水) 受付 12:45~13:15 報告会 13:15~17:15 
場所: 信州大学繊維学部総合研究棟7F ミーティングルーム1 (報告会)

プログラム    (敬称略)

1.開会の挨拶   13:15

信州大学SVBL長 藤松 仁

2.SVBL研究成果報告    13:20~14:30

「桑由来バイオマスに関する研究」
信州大学SVBL 助教 高崎 緑

「桑特有成分デオキシノジリマイシンに関する研究」
信州大学SVBL PD研究員(繊維学部) 夏木 潤

「里山のため池に生息する絶滅危惧種の保全技術の開発」
信州大学SVBL PD研究員(理学部) 小西 繭

「人工的な糖鎖修飾を行った骨髄細胞の心筋組織へのターゲッティング法の開発」
信州大学SVBL DC研究員(医学部) 小林 聡

「格子ボルツマン法による粘弾性皮膜固体の流れ場における挙動シミュレーション」
信州大学SVBL DC研究員(工学部) 村山寿郎

「二次元チャンネル乱流の再層流化現象に関する研究」
信州大学SVBL DC研究員(工学部) 関 大輔

「鳥類初期発生におけるDNA methylation patternの変化」
信州大学SVBL DC研究員(農学部) 臼井文武

3.SVBL専有スペース利用者成果報告  14:30~15:00

「プレス加工コイルと新規絶縁材料を用いた大電流インダクタ」
信州大学繊維学部 化学・材料系 教授 村上 泰

「エネルギー散逸を抑えた大変形駆動材料の開発」
信州大学繊維学部 化学・材料系 教授 平井利博

「バイオエンジニアリングに関連した生体材料の開発」
信州大学繊維学部 応用生物学系 教授 藤井敏弘 
信州大学繊維学部創造工学系 准教授 小林俊一

「有機色素と無機半導体を複合化したLB膜の製造と光機能」
信州大学繊維学部 化学・材料系 准教授 宇佐美久尚

「感性視聴覚教育研究センター」
信州大学繊維学部 創造工学系感性工学課程 准教授 Michael A. J. Honywood

「優良スパイダーシルクを開発する研究」
信州大学繊維学部 応用生物学系 教授 中垣雅雄

4.ベンチャー支援成果報告 15:10~15:40

起業学生事業報告

「(有)HighHope事業報告」
(有)HighHope/信州大学繊維学部精密素材工学科4年 加藤久登/信州大学繊維学部繊維システム工学科4年 山崎一也

支援学生報告

「アドオン活動報告」
アドオン/信州大学繊維学部機能高分子学科3年 山本貴之、同 金武秀徳、繊維学部機能機械学科2年 赤田弥恵子

「モック活動報告」
モック/信州大学繊維学部機能機械学科3年 篠原規将

「トウモロコシからバイオエタノールをつくろう」
信州大学ISO学生委員会

5.分析機器エキスパート(P-DEX)活動成果報告  15:40~16:40

活動の概要説明
信州大学大学院工学系研究科応用生物科学専攻修士1年 小寺拓也

微小部蛍光X線測定装置(μ-EDX)
上級技能レベル
信州大学大学院工学系研究科応用生物科学専攻修士1年 小寺拓也

初・中級技能レベル
信州大学繊維学部機能機械学科2年 林 謙多
信州大学繊維学部機能機械学科2年 加納 徹

ラマン分光光度計
初級技能レベル
信州大学繊維学部素材開発化学科4年 荻原大輔
信州大学繊維学部素材開発化学科4年 河野陽平
信州大学繊維学部精密素材工学科2年 岩田晃尚

三次元計測装置
初級技能レベル
信州大学繊維学部感性工学科2年 渡辺 新
信州大学繊維学部応用生物科学科2年 花川 奨

走査型共焦点レーザ顕微鏡

初級技能レベル
繊維学部機能高分子学科3年 山本貴之
表面プラズモン共鳴測定装置(SPR)

初・中級技能レベル
信州大学繊維学部応用生物科学科3年 和泉文徳
信州大学繊維学部応用生物科学科3年 中西 忍

初級技能レベル
信州大学繊維学部応用生物科学科2年 蕨野裕哉
信州大学繊維学部機能高分子学科2年 国保 怜

6.閉会式  16:45~17:15

講評  信州大学SVBL運営委員 三浦義正
P-DEX修了書授与式
閉会の辞  信州大学SVBL専門部会長 小西 哉
記念撮影

 

« 2008年3月 | メインページ | アーカイブ | 2009年1月 »