信州大学SVBL » 過去の研究 » 二次元チャンネル乱流の再層流化現象に関する研究

二次元チャンネル乱流の再層流化現象に関する研究

信州大学SVBL DC研究員(工学部) 関 大輔
(任期2008年4月1日~2011年3月31日 )

目的

平行平板間乱流(チャンネル乱流)における再層流化現象の数値解析および実験を行い、乱流の撹乱構造について調べる。

 

図

 成果

 再層流化現象のシミュレーションを行った。
今後は実験との比較・検証を行う予定である。

カテゴリ: