ベンチャーコンテスト
信州大学SVBL » ベンチャーコンテスト » 「京都大学アイデアコンテスト テクノ愛2010」で表彰されました

「京都大学アイデアコンテスト テクノ愛2010」で表彰されました

2010年11月23日に開催された「京都大学アイデアコンテスト テクノ愛2010」最終審査発表会において、信州大学工学部情報工学科3年生 森田峻輔さんが「朗読コンテンツ配信システム」のテーマでみごと入賞され、表彰されました。総計435件の応募の中から、書面審査を経て、大学の部、高校の部各部9件に選出されたものです。

森田さんは、2010年8月4日~6日に実施された本学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(SVBL)主催のSVBLプロジェクトマネージメントセミナー(長野キャンパス(工学)開催)で、イノベーション研究・支援センター/経営大学院 大野雄三教授らによる指導のもとビジネスプランを作成後、2010年9月1日に開催されたSVBLベンチャーコンテストで優秀賞を受賞し、今回の「テクノ愛2010」応募に至りました。

森田さんのビジネスプランは、ディスクレシア(読字障害者)や高齢者を主とした読書困難者を対象に、インターネットを利用した朗読コンテンツ配信サービスをシステム化する事業提案であり、その内容が高く評価されました。

 

DSC00277.jpg

 

 

 

カテゴリ: