信州大学SVBL » 起業支援 » 「キャンパスベンチャーグランプリ東京」で工学系研究科機能機械学専攻 加納徹さんがテクノロジー部門で優秀賞とりそな銀行賞を受賞

「キャンパスベンチャーグランプリ東京」で工学系研究科機能機械学専攻 加納徹さんがテクノロジー部門で優秀賞とりそな銀行賞を受賞

工学系研究科機能機械学専攻修士2年の 加納 徹さん(小関研究室)が、12月19日に法政大学で開催されたキャンパスベンチャーグランプリ東京において、「X線CT画像における金属ノイズ低減」のテーマで、テクノロジー部門の優秀賞とりそな銀行特別賞を受賞しました。キャンパスベンチャーグランプリ東京は日刊工業新聞主催の国内最大の学生ビジネスコンテストで、優れたプランを表彰し、起業家を目指す学生の支援、新産業の創出と人材育成を目的としたものです。加納さんは、応募数全157件中の上位10件に入り、12月19日の最終審査で受賞しました。

CIMG0375-1.jpgCIMG0561-1.jpg

カテゴリ: