信州大学SVBL » セミナー・コンテスト » SEM, LCMS 体験講座 

SEM, LCMS 体験講座 

SVBLでは、学生主体で研究テーマを考え、学生主体の勉強会や実習を通じ、分析機器の基本的な扱い方や応用に関する知識・技能を習得している団体、機器分析エキスパート(P-DEX)の活動を支援しています。今回は、その中の機器である走査型電子顕微鏡(SEM)と、液体クロマトグラフ質量分析装置(LCMS)の体験講座を開催します。学部1-3年生の学生さんも理解できるよう、基礎から丁寧に説明し、実際に測定も行っていただきます。興味のある方なら、専門に関係なく、誰でも参加できますので、この機会にぜひお試しください。
また、12月にSEMで撮影した写真コンテストを開催します。こちらへのご応募もお待ちしています。

日時

SEM講座
2015年8月5日(水)8月6日(木)8月7日(金)各10:30~16:00
LCMS講座
2015年8月5日(水)10:30~16:00 定員に達したため募集を締め切らせていただきます(7/24)

場所

上田キャンパスSVBL棟201室

対象

信州大学の学生

人数

各講座10名程度

各キャンパス間の交通について

下記日程で学用車の送迎があります
8/5(水)松本-上田間 8/6(木)伊那-上田間 8/7(金)工学-上田間

SEM講座

講師:掛川恵子 技術補佐員(SVBL)
機器:走査型電子顕微鏡(JSM-6010LA、日本電子製)
走査型顕微鏡(SEM)装置の概要および観察原理などを習得し、身近な物から観察しSEMの面白さを体験しましょう。
午前(10:30~12:00)座学 SEMの原理及び、観察手順などを講習
午後(13:00~16:00)実際に操作する。
観察したいサンプルがありましたらお持ち下さい。

LCMS講座

講師:森脇 洋 教授(繊維学部生物資源・環境科学課程)
機器:液体クロマトグラフ質量分析装置(LCMS-2010A、島津製作所製)
水中に溶けている物質の分子量を測定する、そんなことができるのがLC/MS(液体クロマトグラフィー質量分析法)です。もっとも水に溶けている物ならばなんでも測定できるというわけではありませんが、お酒のなかの糖や尿の中の代謝物などいろいろな有機物質の検出に有用です。
・LC/MSの基礎・原理(LCとは?MSとは?から話を始めます。)
・LC/MSの応用例
・LC/MSの使い方
・コーヒー中の成分を分析してみよう!


お申込み・お問い合わせ

所属、氏名、参加したい講座、交通手段について、【7月31日】までにご連絡ください。
信州大学SVBL事務局
    Tel:0268-21-5325(内線841-5325) E-mail:svbljim@shinshu-u.ac.jp

主催:信州大学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー

カテゴリ: