2015年11月

「地域を何とかしたい!!」その想いにそっと背中を押してくれるのが、地域活性化のフロントランナーである株式会社地域経済活性化支援機構(REVIC)の保井氏。地域企業の経営視点で見た地域再生や地域活性化の支援等をしているREVIC役員の保井氏から、地域活性化のノウハウや地域に求められる人材等について学び、地域に貢献できる研究や人材を目指そう。

日時

2015年12月22日(火)16:20~17:50

場所

信州大学上田キャンパス総合研究棟7階ミーティングルーム1

対象

信州大学の学生、教職員、一般

講師

保井 俊之氏

株式会社地域経済活性化支援機構 常務取締役 兼 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(慶應SDM) 特別招聘教授(無給・非常勤) 
<プロフィール>
東京大学教養学科卒業後、旧大蔵省入省。OECD勤務、在インド日本大使館勤務、金融庁参事官、財務省政策金融課長等を経て、2014年6月より地域経済活性化支援機構専務執行役員、本年6月より現職。2008年より慶應義塾大学大学院で教壇に立つ。国際基督教大学博士 (学術)。併せて、国際基督教大学大学院で非常勤講師、さらに中央大学及び政策研究大学院大学で客員教授を務めた。2015年より九州工業大学の客員教授を兼務。研究テーマは、社会システム論、地域と社会のイノベーション、地域活性化等。著書は、『「日本」の売り方:協創力が市場を制す』(角川oneテーマ21, 2012年)、『システム×デザイン思考で世界を変える:慶應SDM「イノベーションのつくり方』(前野隆司編著, 共著, 日経BP社, 2014年)、『REVICによる地域の再生と活性化』(地域経済活性化支援機構著, 共著, 金融財政事情研究会, 2015年)等、多数。

参加費

無料

お申し込み、お問い合わせ

12月21日(月)までに、申込フォーム<http://goo.gl/forms/PO9L8DAw64>、電話、メールで、所属と氏名、連絡先をご連絡ください。
信州大学SVBL事務局 Tel:0268-21-5325(内線841-5325)E-mail:svbljim@shinshu-u.ac.jp

主催:信州大学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(SVBL)
    共催:長野県、信州大学地域戦略センター

東京農工大学科学博物館 見学会

SVBLでは、アントレプレナーシップ向上プログラムを実践するため、学生が自主的に学ぶプログラムを計画しています。今回は繊維3大学と言われた東京農工大学の博物館を見学し、学術的価値のある繊維関連の多くの資料の展示や、現在農工大で行われている研究活動の紹介を見ることにより、今後の研究に役立つヒントが見つけらると思います。
養蚕・製糸・機織に関する素材と道具類、紡績機や自動繰糸機などの大型繊維機械類、天然繊維および合成繊維、さらには、500点を超える養蚕をテーマとする江戸時代から明治時代の浮世絵のコレクションなどがあり、繊維科学と技術の歴史を体感できます。

日時

2015年11月28日(土)

場所

東京農工大学科学博物館(東京都小金井市中町2-24-16)

対象

信州大学の学生・教職員

交通手段

貸し切り高速バス

定員

25名程度(11/21までに10名に達しないい場合中止します) 

日程(予定)

往路 8:00 繊維学部出発 - 上田菅平IC - 上信越道等 - 11:00博物館着 
博物館内自由見学
帰路 16:00 博物館出発 - 高速 - 19時頃 繊維学部着

参加費

無料(昼食は各自)

お申込み・お問い合わせ

所属・氏名・携帯連絡先を11月20日(金)までにご連絡ください。
信州大学SVBL事務局
Tel:0268-21-5325(内線841-5325) E-mail:svbl@shinshu-u.ac.jp

主催:信州大学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー
共催:信大COC事業

「イノベーションって何ですの!?」その疑問に答えてくれるのが、イノベーション教育のフロントランナーである東京大学i.schoolエグゼクティブ・ディレクターの堀井先生。2009年9月に東京大学i.schoolを設立し、「人間中心イノベーション」からイノベーションへのアプローチをしている。イノベーション教育を実践している堀井先生から、イノベーションを生み出す方法論やインベーション人材等について学び、研究や就活に活かせるイノベーション人材を目指そう。

日時

2015年12月15日(火)16:20~17:50

場所

信州大学上田キャンパス総合研究棟7階ミーティングルーム1

対象

信州大学の学生、教職員、一般

講師

堀井 秀之氏
東京大学i.schoolエグゼクティブ・ディレクター、
東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授
<プロフィール>
専門は社会技術論、国際プロジェクト論、イノベーション教育論。東京大学i.schoolエグゼクティブ・ディレクターとして、i.school運営を統括する。東京大学知の構造化センターでは、センター長として、分散する知の構造化と価値化をテーマに研究開発を推進。著書に「問題解決のための『社会技術』」(中公新書)、「社会技術論:問題解決のデザイン」(東京大学出版会)等。

参加費

無料

お申し込み、お問い合わせ

12月14日(月)までに、申込フォームhttp://goo.gl/forms/LeXEamLA5n、電話、メールで、所属と氏名、連絡先をご連絡ください。
信州大学SVBL事務局  Tel:0268-21-5325(内線841-5325) E-mail:svbljim@shinshu-u.ac.jp

主催:信州大学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(SVBL)
共催:長野県、(公財)長野県中小企業振興センター、信州大学地域戦略センター

« 2015年10月 | メインページ | アーカイブ | 2015年12月 »