2016年1月

日時

2016年2月4日(木)

会場

信州大学上田キャンパスSVBL棟(R棟)104号室

参加費

無料(2個目以降500円~)

内容

アロマキャンドル、ジェルキャンドル作り

時間

16:30~20:30 
※時間内であればいつ来ていただいても構いません。

作業時間

10~30分

持ち物

汚れてもいい服装、アロマオイル(持っていれば)

予約

来る時間、人数、お名前、連絡先を記載してp2candle@gmail.comまでメールして下さい。

講師

小野口 貴士(P's Candle)

2014年度機能高分子学コース市川研修了 栃木県日光市出身。学生時代に独学でキャンドルを作り始め、3年前からP's Candleとして活動開始。学生時代~現在、就活・就職をせず全国各地でワークショップの開催、イベント出店、空間演出等の活動を行いながら人・もの・街をつなげる生き方を模索中。ライブ、フェス、結婚式等でのキャンドルデコレーション、歌手・シンガーソングライターである松本英子の"祈り灯"のMV撮影でキャンドルの提供もしている。

CIMG0352.jpgCIMG0353.jpg

森・山・川・湖。豊かな自然に恵まれた信州はアウトドア・アクティビティにも絶好のフィールドです。
今回は、世界最高のクライマーに与えられるピオレドール賞を受賞した登山家であり、職業山岳ガイドでもある花谷泰広氏をお迎えして、アウトドア・アクティビティをなりわいとするキャリア・スタイルについてお話しいただきます。

日時

2016年2月9日(火)10:00~11:00

場所

信州大学理学部12番教室(〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1)

対象

信州大学学生・教職員、一般

講師

花谷 泰広 氏 (First Ascent 山岳ガイド)

1976年、兵庫県神戸市生まれ。
幼少の頃から六甲山に登り、登山に親しむ。信州大学教育学部では野外教育を専攻し、信州大学山岳会に入会。
国内外で登山の経験を積む。
2007年より通年専業ガイドとして活動を開始。
二十歳の時の1996年にネパール・ヒマラヤのラトナチュリ峰(7035m)を初登頂して以来、足繁くヒマラヤ等の海外登山を実践する。第21回ピオレドール賞、第8回ピオレドールアジア賞を受賞。
2015年からは冒険登山家養成プロジェクト「ヒマラヤキャンプ」を開始し、次世代の登山者たちとヒマラヤ登山を行う。
現在は八ヶ岳のふもと、山梨県北杜市をベースに活動中。公益社団法人日本山岳ガイド協会認定山岳ガイドステージⅡ。日本プロガイド協会所属。信州大学学士山岳会所属。

お申込み・お問い合わせ

2/5(金)までに下記までご連絡ください。
信州大学SVBL事務局 
Tel:0268-21-5325(内線841-5325) E-mail:svbl@shinshu-u.ac.jp

主催:信州大学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー

0209花谷氏講演会.jpg

「テクノプラザおかや ものづくりフェア2016」で行われるイベント「ものづくりフェア取材大作戦!ものづくりワークショップ」の参加者を募集します。

「テクノプラザおかや ものづくりフェア2016」は、信州の製造業の中心地・諏訪圏に位置する岡谷市の地域産業イベントで、これまで、次世代へのものづくり教育の場として、また、中小企業の新規顧客獲得の場、そしてまちの活性化の一環として開催されてきました。その中で、このフェアについて映像コンテンツを制作・発信し、新たなPRの視点を提案するワークショップが開催されます。
信大生の皆さんの新鮮な眼でフェアを取材し、より広くの来場者に関心を持ってもらえるように、ものづくりフェアの新しい楽しみ方や、出展企業ブースの魅力を発信してください!

日時

2016年2月5日(金)、2月6日(土)(2日間) 

会場

ララオカヤ・テクノプラザおかや(JR岡谷駅前/岡谷市中央町1丁目1 )
http://www.tech-okaya.jp/webapps/www/facility/access.html

内容

2月5日(金)(1日目)
10:00-18:00 取材・企画・ロケハン
18:00-21:30 取材企画アドバイス・ミニレクチャー・ 交流会(諏訪圏企業担当者や関係大学教員が参加)

2月6日(土)(2日目) 
9:30-16:00 撮影・編集

本ワークショップ(以下WS)は、1チーム3名程度で、フェアを取材し、ビデオ撮影、インタビューなどを行い、映像コンテンツを制作します。
なお、制作した映像コンテンツは、岡谷市工業支援担当等のチェック後、諏訪圏のケーブルテレビチャンネル(LCV)やものづくりフェア関連のウェブサイトなどで放映予定です。

参加費

無料
イベントが夜遅くなるため、宿泊先をご手配ください。大学規定の範囲で宿泊費を支給します。(早目に連絡いただければ宿泊先を紹介します)

交通

上田キャンパスからは学用車での送迎があります。

対象

信州大学学生

お申し込み、お問い合わせ

・原則として学生2人~3人のチームで申し込んで下さい。1名で参加希望の方は、SVBL大熊(h_okuma@shinshu-u.ac.jp)までご相談下さい。
・1日だけの参加はできません。
・2月3日までに、 必要事項(氏名,所属学年,連絡先)を下記までご連絡ください。
信州大学SVBL事務局 
Tel:0268-21-5325(内線841-5325) E-mail:svbljim@shinshu-u.ac.jp

その他

本WSでは、NTT未来ねっと研究所のBluetoothビーコンを使った研究開発実験も同時開催しています。
参加者の方には実験へのご協力をお願いしています。WSの参加申し込み時に説明書と参加承諾書をお渡ししますが、WSだけ参加して実験は参加しないという選択も可能です。
この実験では、展示会やワークショップにおける参加者の行動履歴を記録します。Bluetoothビーコンに興味のある教職員および学生の皆さんのオブザーバー参加も承ります。見学は当日飛び込みでも構いませんが、事前にご連絡いただければ助かります。


 
主催・共催:京都大学学術情報メディアセンター喜多研究室、信州大学SVBL、諏訪産業集積研究センター(SIARC)
協力:諏訪東京理科大学市川研究室、インダストリーネットワーク株式会社、岡谷市産業振興部工業振興課、"ものづくりフェア2016"実行委員会

コーヒーは淹れ方によって風味が変わります。お湯の温度や淹れる時間によってどの様に風味が変わるかを実体験しながら、好みのコーヒーの淹れ方を学びます。
2015年9月に上田市で自家焙煎のコーヒーショップをオープンさせた若手起業家からコーヒーの奥深いお話をしていただきます。
SVBLで活動している分析機器スペシャリストを目指す学生団体P-DEXとのコラボレーションによる、コーヒーの風味の科学的な分析も試みます。

日時

2016年2月4日(木)13:00~16:00

場所

信州大学繊維学部SVBL棟(R棟)4階リフレッシュスペース

講師

中沢康輔 (なかざわこうすけ) 氏

昭和59年7月30日生まれ 長野県上田市出身
丸子実業高等学校在学中、当時上田にあったカフェに入りコーヒーに興味を持つ。 卒業後、製造業やアパレル業などをしながらカフェを開業する為県内外のカフェに行き、理想の店を模索する。 27歳で会社を退職し、本格的にカフェ開業に動き出す。 様々なカフェに行く中で大町市にある「ユナイトコーヒー」で理想のコーヒーに出会い即修行を申し込む。 修行をしていく中で焙煎に興味がシフトし、「コーヒーに特化した店にしたい」という気持ちが強くなる。 2年間の修行を経てTORTOISE COFFEE beans by uniteを開店。現在に至る。

対象

信州大学の学生・教職員、一般

定員

10名(学内優先とします。)

参加費

無料

持ち物

Myコーヒーポット(持っていれば)

お申込み・お問い合わせ

2月2日(火)までに所属と氏名をご連絡ください。
信州大学SVBL事務局 
Tel:0268-21-5325(内線841-5325) E-mail:svbljim@shinshu-u.ac.jp

主催:信州大学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー

長野県及び(公財)長野県中小企業振興センターの開催する「アウトドアビジネス創業・経営応援セミナー」に、信州大学SVBLも協力します。


アウトドアビジネスでの創業をお考えの方や創業間もない方を対象に、2月9日(火)松本商工会議所(松本市)で「アウトドアビジネス創業・経営応援セミナー」を開催します!

創業に係る一般的な知識のほかに、アウトドアビジネスの現況等について学ぶことができます。

講師は、中小企業診断士の滝澤 恵一さん、スキースクールやパラグライダースクール等の企画・運営・管理を行う株式会社ポップの屋田 翔太さん、日程やルートを指定しないオーダーメイドの山岳ガイド「First Ascent」を運営する花谷 泰広さんです。

参加費は無料です。多くの皆さまのご参加をお待ちしています!

※長野県ホームページの対象にはありませんが、学生の皆様のご参加もお待ちしています。

申込方法などの詳細については、次の長野県ホームページをご覧ください。
【長野県ホームページ】
http://www.pref.nagano.lg.jp/keieishien/happyou/20160115press_sogyo.html

主催: 長野県、(公財)長野県中小企業振興センター
共催: 信州大学SVBL

2015年度 信州大学SVBL成果報告会 

信州大学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(SVBL)は、下記の要領で2015 年度成果報告会を開催いたします。皆さまより、活動成果あるいは本SVBL の事業・活動に対するご意見、ご要望を頂戴できれば幸いです。皆さまのご参加をお待ちしております。

日時:2016年3月3日(木)13:00~16:30(受付12:30~)

場所:信州大学繊維学部総合研究棟ミーティングルーム1

主催:信州大学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(信州大学SVBL)

プログラム

Ⅰ 開会式 13:00~13:05

開会の挨拶 SVBL長 繊維学部 教授 小西 哉 

Ⅱ SVBLプロジェクト研究 成果報告 13:05~13:55

 「葉緑体遺伝子情報を用いた桑栽培品種の系統解析」  SVBL助教 中西弘充
「馬搬林業が創造する多面的市場価値の算出」  SVBL PD研究員 松村哲也
「産学官連携ネットワークを必要とする希少生物保全の現状について」  SVBL PD研究員 小西 繭
「イノベーション教育の研究と実践」 SVBL 研究員 水野淳史
「金属ガラスを用いた磁歪式トルクセンサの開発」 SVBL 研究員 大熊ひとみ


Ⅲ SVBL萌芽研究(専有スペース利用者) 成果報告 13:55~14:10

「永久(酸化)染毛剤によるケラチンフィルムの染色」藤井研究室/研究推進員 伊藤弓子
「レーザー延伸による多孔性繊維の作製」金研究室/先進繊維工学課程4年 根崎喜広

Ⅳ 研修支援事業 成果報告 14:10~14:25

1) 概要説明    繊維学部 准教授 平田雄一

2) 海外研修報告
「アメリカにおけるジーンズの消費および着心地に関する研究」理工学系研究科 繊維・感性工学専攻2年 田島和弥

- 休 憩-  14:25~14:45

Ⅴ 学生起業支援 成果報告 14:45~15:15

1)セミナー・講習会 報告

2) 学生起業活動報告

「モック活動報告」 繊維学部 機能機械学課程3年 渡邉智洋
「ArkOak活動報告」総合工学系研究科 生命機能・ファイバー工学専攻3年 加納 徹
「AgriBone」    理工学系研究科 応用生物科学専攻1年 山田貢太郎

Ⅵ 分析機器エキスパート(P-DEX)養成事業 / P-DEX活動報告 15:15~15:45

1) 概要説明 

SVBL専門部会長 繊維学部教授 森脇 洋
繊維学部バイオエンジニアリング課程3年 柴田 誠

2) P-DEX活動報告

液体クロマトグラフ質量分析装置(LC-MS)  繊維学部 応用化学課程3年 桑原 聖    
表面プラズモン共鳴測定装置(SPR)  繊維学部 生物機能科学課程3年 足立晴彦 
走査電子顕微鏡(SEM)  繊維学部 応用化学課程3年 乾 滉平

Ⅶ 閉会式15:45~16:00

講評 SVBL運営委員
閉会の辞 SVBL専門部会長 繊維学部 教授 森脇 洋
記念撮影

懇談会 16:00~

 (繊維学部生協1F、会費1,000円、学生無料)          
 P-DEX技能検定修了式

お問い合わせ・懇談会お申込み

信州大学SVBL 佐藤 TEL: 0268-21-5325(内線841-5325) Mail: svbl@shinshu-u.ac.jp

« 2015年12月 | メインページ | アーカイブ | 2016年2月 »