教育
ホーム事業内容 ≫ 機器エキスパート(P-DEX)養成事業 

機器エキスパート(P-DEX)養成事業 

P-DEXとは

「学生による機器分析プロ集団養成機関」です.

SVBLは分析機器・加工機のエキスパートを養成する目的で,P-DEX(Project-Device Expert)なる組織を立ち上げ,その支援を行っています.P-DEXは学部学生が主体となり,SVBLに設置されている機器の技能研究会の企画・運営を行っています.

1年間かけて学生指導員が実技講習を行います。
最新鋭の分析・加工装置を使いこなす技能(初級、中級、上級)を身につけることができます。

2011年度使用機器

P-DEXとはどんな組織ですか?

P-DEXとは学生主体で行う機器活用集団です。学生が自分たちの力でSVBL棟内にある分析装置や評価機器。加工機器などの操作技術を自主的に学び、その機器のエキスパートを目指します。

活動時間はいつですか?

特に決まっていません。週に1回の定期活動を目標にしています。常に毎週活動しているわけではなく、テスト期間などの忙しい時は一カ月ほど休み、長期休みに一気に活動したりします。

今の課題は何ですか?

個人個人は技術を身に付けてきました。今後は、身に付けた技術をどういう風に生かすかということを課題にしています。例えば、各機器班で研究テーマを作り、そのテーマに沿って分析したり、加工したり、というようなことを行っていきたいです。

P-DEXの活動で力を入れていることは?

P-DEXでは技術還元を目標としています。身に付けた分析加工技術を必要としている研究室などに、装置の使い方を教えられるような技術を身につけることに力を入れています。

メッセージ

どの学年、どの課程(系)の人でもPーDEXに入ることができます。P-DEXでは、研究室に入る前に様々な分析機器などを取り扱うことができます。研究室に入る前の学年のうちにこれらの機器を学んでおけばきっと後々役に立つので、興味のある方はぜひ一度SVBLに来てください。